音読

さて、「読む」「聞く」「話す」「書く」の4つのスキルはどのようにして鍛えればいいのでしょうか? それぞれについて見てみるとーー

  • 読む:英語の本を読む
  • 聞く:英語のオーディオ教材を聞く
  • 話す:スピーチの練習をする
  • 書く:エッセイを書く

といったところでしょうか。どれも一般的なやり方ですし、私もやってきました。

でも例えば「読む」は、単に英語の本を黙読するだけでいいでしょうか? もちろん黙読でも英語はインプットされますが、英語は(周りが許す限り)音読した方が良いです。

音読は、目で読み(reading)、口で言葉を話す(speaking)という二つの作業を同時に行います。正確に言うと、言葉を発するだけであって、相手とコミュニケーションを取る本質的なspeakingではないかもしれません。

しかし、「読む」と「話す」の2つの作業を絡めて練習することで、2つの作業を別々に行うよりも、より強く英語を体に覚えこませることができるように思います。複数作業を掛け合わせることの相乗効果という感じです。

また、目で見て一応認識はできても、実際に自分で発音できないような単語やフレーズは、自分の語彙として確立していません。だから、それらを使って話したり書いたりすることはできませんし、それ以前に、聞き取ることさえできないはずです。

発音できない単語は、辞書で引いて発音を覚える。いまでは音が出る電子辞書がありますが、私が学生のころは発音記号を見て発音を練習していました。

とは言っても、図書館とか電車の中とか、周りに人がいて音読がはばかられる局面もあるでしょう。そんな場面では別のことをやってください。でも英語のreadingは、家で、自分の部屋で、思いっきり音読しましょう!

=次稿へ続く=