シャドウイング、ディクテーション

周りに外国人に知り合いなんていないし、学校や職場は超ドメスティックで英語環境はまるで無し。でも英会話学校に行くにはお金と時間が無くて。。結局話す練習も書く練習もなかなかできない、という人も多いかもしれませんね。

結論的に言いますと、英語を話したり書いたりできるようになるには、上記のような「英語を使わざるを得ない環境に自分を追い込む」必要があると思います。この際思い切って英会話学校に行く、もっと思い切って外資系の会社に転職する、さらに思い切って海外に飛び出して勉強したり働いたりする、ということです。

本稿はここで終わってしまいそうで。。でも、話すことと書くことの良い練習法は何かないのか?となりますよね。

会話したりスピーチしたりといった要はコミュニケーションとしての「話す」ではなく、言葉を発するレベルであれば、以前話した「音読」があります。readingとspeakingの掛け合わせですね。ただ、音読ですとマイペースなスピードになってしまうので、会話のような「実戦」モードの訓練ではないかもしれません。

そこで話す練習としてもう一つ、シャドーイング(shadowing)があります。こちらは、ほぼ通常スピードの英語の音声を聞きながら、それを即座に復唱する練習です。流れ続ける音声を影(shadow)のように追いかけて復唱、というかブツブツつぶやく感じです。これもlisteningとspeakingという2つの作業の掛け合わせとなり、効果的な練習法だと思います。

同じように「書く」練習としては、ディクテーション(dictation)があります。読み上げれれた英語を書き取ることです。listeningとwritingの掛け合わせです。

こういった練習を積み重ねて、少しずつ英語のspeakingとwritingのスキルを上げていくのは、ありだと思います。

でも、最善の方法は英語環境に身を投じることですよ。

=次項へ続く=