最も大切なこと-「経験」

これまで英語の効率的な勉強法を話題にしてきました。複数の作業を掛け合わせたり、感覚に絡めて学習することは、ただ単一作業を漫然と行うより、ずっと良いです。。でも、あえて言いますが、所詮はテクニックの話です。

では、英語を自分のものにする上で、最も大切なことは何でしょうか?

それは「経験」です。

私は中学生の頃から映画や音楽で海外に憧れを持つようになり、英語は得意教科でもありました。でも結局は、純ドメスティックな環境で育ち、外国人とも接することなどなく、学校の英語だけで社会に出たのです。

最初は国内の仕事でしたが、海外への憧れを捨てきれず、30歳を前に無謀にも(と周りから言われましたが)海外勤務を希望。30歳で香港に駐在しました。

憧れの海外生活でしたが、仕事は試練の連続。国際金融の仕事で、取引先は全てアジアの外国企業です。当然、取引先とのミーティングは全て英語、社内コミュニケーションも英語です。ここで私は必死でもがきながら、仕事のなかで英語を覚えました。

いま思い出しても赤面するような失敗もたくさんありました。でも、失敗した時の「悔しい」とか「いやだ」という感情とともに、「英語ではこう表現するのか!」といったことが、深く体に刻み込まれます。

悔しいことや楽しいこと、喜怒哀楽の情動とともに刷り込まれる知識は、忘れないです。これは何も英語に限ったことではなく、様々な職業で「仕事を覚える」ときにも言えることです。机上の理屈ではなく、自分で実際経験して、自分のものにしていくのです。

経験は英語で experience ですが、この単語の語源は「試みて得た知識」です。

この語源のとおり、自分でやってみて、失敗して、やっと成功して、そのなかで得た知識が、経験です。

香港のあと(結局5年駐在しましたが)またもや無謀にも希望して、ロンドンに転勤しました。そのときお世話になった大先輩に、”Three men in a boat” (ボートの3人男)という英国の古い小説を薦められました。当時は、まことに退屈極まりない本だなと思ったりしたですが、のちに、その小説のなかに次のような一節があったのを思い出しました。

主人公が少年の頃、ボートで沖に漕ぎ出す冒険をしたが、風雨に見舞われてしまう。奇跡的に漁師に救助されたが、4時間半のボートの借り賃やら、壊れたオールの弁償やら、助けてくれた漁師へのチップやらで、1週間分の小遣い銭が吹っ飛んでしまう。でも主人公は、最後にこう言うのですー

「・・・しかし我々は経験を学んだのである。そして諺にもいうように、どんなに高くついても経験は常に安いのだ。」

“But we learned experience, and they say that is always cheap at any price.”

そうです、自分がやりたいことをやったのであれば、それは全て経験になります。「やって損した」などということは無いのです。

英語をものにしたいのであれば、英語を使わざるを得ない環境に身を投じると前に書きました。机上の勉強だけでなく、海外で仕事するとか、勉強するということです。そういうチャンスがないという人でも、外国人と仕事をするとか。それも無理だと言うなら、英会話学校ぐらいは、行かないより行った方がいいでしょう。

とにかく、行動しましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です