リスク (“risk”) の語源

本日も語源シリーズです。

“risk” というと一般には、「危険性」とか「恐れ」というふうに使われていますね。「リスクが大きそうだから、今はやめておこう」みたいな使い方です。この単語の語源、ご存じですか? 例によってジーニアス英和辞典の冒頭のあたりを見てみるとー

「絶壁の間を船で行く」が原義、と書いてあります。

なんかドラマティックな表現だと思いませんか。一般的な “risk” のネガティブなイメージとは違って、なんだか冒険心に満ちていると思いませんか。面白そうなので、英語語義語源辞典を見てみるとー

イタリア語 rischiare(run into danger) の名詞 risco(危険)がフランス語を経て英語に入った。一説では「船で絶壁の間を行く」という俗ラテン語 risicare に由来するとも。

なにやら面倒くさい説明ですが、要は「自ら危険を承知で踏み出す」感じではないでしょうか。

ではなぜ危険を冒して踏み出すのか、というと、その先に自分の見たいものや得たいものがあるからでしょう。何もないのに危険を冒すのは、単なる変人です。おそらく大部分の人は、何かが欲しいから危険を冒すのです。

断崖絶壁の間に見える海は洋々たる海原に続いていて、その先には自分の見たこともない世界がある。おそらく大航海時代に海を渡った人々は、絶壁の先にある海の、その先にある未知の国々を見てみたい、そこには自分の国にはない産物があってそれで利益を得たい、と考えたはずです。

私は長く金融の世界にいましたが、リスクというとやはり保険やデリバティブ(金融派生商品)でヘッジするものという感じが強く、要は回避する対象でした。しかし、金融の基本は、ハイリスク・ハイリターン、ローリスク・ローリターンという通り、リスクを取らないところにリターン(利益)はありません。

海外金融当局による銀行規制の枠組みに、risk appetite という言葉があります。為替リスク、金利リスク、カントリーリスク云々。で、「おたくの銀行のリスクに対するアペタイト(食欲)は?」、つまりどれくらいリスクを食う(取る)つもりですか、その量のリスクをどうやって管理していきますか?ということです。

金融だけではなく、どんな業種でもリスクを取らないところに利益は生じない。いや産業界だけではなく、学問や研究であっても、人間関係であっても、みなそうです。一歩を踏み出さなければ、進展しません。(ただ、人として取るべきではない危険というものの各人なりの定義があるとは思います。)

金融の基本どおり、ノーリスクはノーリターンなのです。

たしかに危険なことはイヤですし、なんとかして回避したい。でも何をするにもリスクばかりを考えて、さらにはリスクを蛇蝎のごとく忌み嫌って、一歩も前に踏み出さない。100%クリアでないと、気が済まない。そんな社会はとても窮屈で暗いし、おそらく未来はないです。

リスクを乗り越えた先には、洋々たる海があります。