シャイ (“shy”) の語源

本日はシャイ (“shy”) を採り上げます。

shy は「恥ずかしがりの」の意味で、日本語の日常会話のなかでも結構使っています。「日本人が英会話が不得意なのは、シャイな性格の人が多いからではないでしょうか」みたいに使いますね。で、例によってジーニアス英和辞典を見てみるとー

shy =「おびえる」が原義、と書いてあります。

恥ずかしがりの人は、根源的に、何かにおびえている。

確かに説得力がある説明です。失敗が怖いから、嫌な思いをするのが怖いから、相手に対して、未知のものに対して、おびえて尻込みしてしまう。ものに驚きやすい臆病な動物に対しても shy を使いますが、同じような感覚です。

失敗してもいいじゃないか、間違いは誰にだってあるし、皆そうやって成長するんだよ、ということですよね。

でも、なんでシャイになってしまうかというと、多分間違ったり失敗したりすると、「ダメじゃないか!」とか「えー間違えてやんの」などと、ビビらされたり嗤われたりするからだと思うんです。失敗に対して不寛容な社会に育つとそうなるのではないでしょうか。

日本ってそんな社会だと思いませんか?

「間違えたら否定される。だからもっと完璧に理解してから話そう」なんてね。外国人はこのあたりの感覚がかなり薄くて、失敗しても別に気にするふうもなく、ドンドン話す。で結果的には、たくさん経験を積んで、日本人より圧倒的に早く語学をマスターしてる。

人の失敗を見て嗤うやつは、嗤わしておきましょう。放っておけばいいです。日本人はもっと、「間違えたり失敗してもいいじゃん」と思うべきなんです。

と同時に、誰かが失敗しても、責めない。「レスペクト (“respect”) の語源」の稿でも少し触れましたが、他人を許容する寛大さ (tolerance)は大事です。

ちなみに「恥ずかしい」に関連して、「恥」は英語で一般的に “shame” になりますが、何が「恥」であるかについて、日英の間では違いがあります。英語語義語源辞典によるとー

” 例えば、うっかり間違えて「恥をかく」は feel shame ではなくfeel embarrassed に相当する。英語の shame は道徳上の不名誉や屈辱、苦痛から来るものに限られる。”

道徳的でない行為に対しては「恥」として非難すべきですが、うっかり間違えても非難はしない(本人はバツが悪い = embarrassed でしょうが)。

まっとうな感覚だと思います。