happy~幸せとは

「人は何のために生きているのか」と考えると哲学的で難しくなりそうなので、「あなたは生きていくなかで何が欲しいですか」と言うどうでしょう。

お金、財産、成功、名誉、などですか。そんな俗っぽいものではなくて、人からの信頼や、好奇心を満たす知識、あるいは社会に貢献している実感、などでしょうか。

いずれにしても人は、それによって心が満たされる状態、幸せな状態を求めていると考えることはできそうです。

幸せな状態を英語で言うと、”happy” でしょう。

ジーニアス英和辞典で語源を見てみると、「偶然の幸運による」とあります。

「偶然」の意味の古英語  “hap” の形容詞なんですね。”happen”(物事が偶然起こる)、”perhaps”(ひょっとしたら)も同源です。

さて、幸せは偶然の出来事によってもたらされるのでしょうか。

たまたま買った株で大儲けした、偶然素敵なパートナーに出会ったとか。確かに日本語でも「仕合せ」(めぐりあわせ)とも言います。

しかし現在では、一般に “happy” と言うと、偶然の幸運によるものに限らず、人の心が満たされた状態を表します。

一つ思うのは、偶然の幸運が起こるかどうかは別にして、”happy” な状態になるための行動を起こす方が、人生楽しいということです。

「安心が一番」とか、「平穏無事でいられれば幸せ」と言う方もよくいます。確かに大事なことですし、決して否定はしません。

でも私は、常に新たな変化を求めて行動し、時に偶然の幸運にも恵まれて 、”happy” になる方が面白いと思います。

ちなみに、「安心」は英語で “peace of mind” と言うことがでますが、この “peace”、語源はラテン語の “pax” で「平和」の意味です。ローマ神話の平和の女神の名前から来ています。

さらにジーニアス英和辞典では「同意する」が原義となっています。

パックス・ロマーナ(ローマ帝国による平和)は、強奪、戦乱、殺戮を経て、同意、和解することで実現したのでしょうか。

ローマの昔から、平和はタダでは実現できないのです。