デベロップ (“develop”) の語源

さて、本日は “develop”(発達・発展する)を採り上げます。

能力が発達する、国が発展する、新商品を開発するなど、前向きな言葉です。この単語の語源ですが、ジーニアス英和辞典によるとー

包み(velop) を解く(de)、となっています。

ちなみに反対語は、envelop(包む)です。名詞 envelope は封筒の意味ですね。なので、develop は封筒のなかのものを取り出すような感じですね。

さて一般的に、例えば「能力が発達する」というと、努力や工夫によって、最初は大したことがない能力を優れたものへと作り上げていく、というイメージがあります。

でも、「包みを解く」ですから、もともと優れた能力が人のなかにあって、それを掘り出すことが develop のイメージになります。

人の能力は最初は大したことなくて、努力や工夫によって優れたものへと作り上げていくようなものなのか? それとも、優れた能力は人のなかにもともと眠っていて、それをうまく引き出すことで、それを発揮できるということなのか?

私はどちらか分かりません。ただ、優れた才能はもともと人のなかに埋まっている、という方がなんか夢があるように思います。誰にでも埋まってはいなさそうですが。。

ついでながら、この語源を見ると、昔読んだ夏目漱石の『夢十夜』に出てくる運慶の話を思い出します。

ー 明治の時代なのに、運慶が仁王像を彫っている。主人公は、運慶が無造作に鑿を使っているのによくもまぁ思い通りに作れるものだと感心していると、そばにいた若い男が「いやあれは眉や鼻を鑿で作るんじゃない。あの通りの眉や鼻が木の中に埋まっているのを、鑿と槌の力で掘り出すまでだ。」と言う。

優れた芸術作品も、そこに眠っているものを掘り出すということなのでしょうかね。でも、掘り出す技術が要りますよね。このあと主人公は、ならばと自分で掘り出だそうとしますが、「ついに明治の木にはとうてい仁王は埋まっていないものだ」と悟るのです。

運慶でないと仁王像は掘り出せないのです。


シャイ (“shy”) の語源

本日はシャイ (“shy”) を採り上げます。

shy は「恥ずかしがりの」の意味で、日本語の日常会話のなかでも結構使っています。「日本人が英会話が不得意なのは、シャイな性格の人が多いからではないでしょうか」みたいに使いますね。で、例によってジーニアス英和辞典を見てみるとー

shy =「おびえる」が原義、と書いてあります。

恥ずかしがりの人は、根源的に、何かにおびえている。

確かに説得力がある説明です。失敗が怖いから、嫌な思いをするのが怖いから、相手に対して、未知のものに対して、おびえて尻込みしてしまう。ものに驚きやすい臆病な動物に対しても shy を使いますが、同じような感覚です。

失敗してもいいじゃないか、間違いは誰にだってあるし、皆そうやって成長するんだよ、ということですよね。

でも、なんでシャイになってしまうかというと、多分間違ったり失敗したりすると、「ダメじゃないか!」とか「えー間違えてやんの」などと、ビビらされたり嗤われたりするからだと思うんです。失敗に対して不寛容な社会に育つとそうなるのではないでしょうか。

日本ってそんな社会だと思いませんか?

「間違えたら否定される。だからもっと完璧に理解してから話そう」なんてね。外国人はこのあたりの感覚がかなり薄くて、失敗しても別に気にするふうもなく、ドンドン話す。で結果的には、たくさん経験を積んで、日本人より圧倒的に早く語学をマスターしてる。

人の失敗を見て嗤うやつは、嗤わしておきましょう。放っておけばいいです。日本人はもっと、「間違えたり失敗してもいいじゃん」と思うべきなんです。

と同時に、誰かが失敗しても、責めない。「レスペクト (“respect”) の語源」の稿でも少し触れましたが、他人を許容する寛大さ (tolerance)は大事です。

ちなみに「恥ずかしい」に関連して、「恥」は英語で一般的に “shame” になりますが、何が「恥」であるかについて、日英の間では違いがあります。英語語義語源辞典によるとー

” 例えば、うっかり間違えて「恥をかく」は feel shame ではなくfeel embarrassed に相当する。英語の shame は道徳上の不名誉や屈辱、苦痛から来るものに限られる。”

道徳的でない行為に対しては「恥」として非難すべきですが、うっかり間違えても非難はしない(本人はバツが悪い = embarrassed でしょうが)。

まっとうな感覚だと思います。


リスク (“risk”) の語源

本日も語源シリーズです。

“risk” というと一般には、「危険性」とか「恐れ」というふうに使われていますね。「リスクが大きそうだから、今はやめておこう」みたいな使い方です。この単語の語源、ご存じですか? 例によってジーニアス英和辞典の冒頭のあたりを見てみるとー

「絶壁の間を船で行く」が原義、と書いてあります。

なんかドラマティックな表現だと思いませんか。一般的な “risk” のネガティブなイメージとは違って、なんだか冒険心に満ちていると思いませんか。面白そうなので、英語語義語源辞典を見てみるとー

イタリア語 rischiare(run into danger) の名詞 risco(危険)がフランス語を経て英語に入った。一説では「船で絶壁の間を行く」という俗ラテン語 risicare に由来するとも。

なにやら面倒くさい説明ですが、要は「自ら危険を承知で踏み出す」感じではないでしょうか。

ではなぜ危険を冒して踏み出すのか、というと、その先に自分の見たいものや得たいものがあるからでしょう。何もないのに危険を冒すのは、単なる変人です。おそらく大部分の人は、何かが欲しいから危険を冒すのです。

断崖絶壁の間に見える海は洋々たる海原に続いていて、その先には自分の見たこともない世界がある。おそらく大航海時代に海を渡った人々は、絶壁の先にある海の、その先にある未知の国々を見てみたい、そこには自分の国にはない産物があってそれで利益を得たい、と考えたはずです。

私は長く金融の世界にいましたが、リスクというとやはり保険やデリバティブ(金融派生商品)でヘッジするものという感じが強く、要は回避する対象でした。しかし、金融の基本は、ハイリスク・ハイリターン、ローリスク・ローリターンという通り、リスクを取らないところにリターン(利益)はありません。

海外金融当局による銀行規制の枠組みに、risk appetite という言葉があります。為替リスク、金利リスク、カントリーリスク云々。で、「おたくの銀行のリスクに対するアペタイト(食欲)は?」、つまりどれくらいリスクを食う(取る)つもりですか、その量のリスクをどうやって管理していきますか?ということです。

金融だけではなく、どんな業種でもリスクを取らないところに利益は生じない。いや産業界だけではなく、学問や研究であっても、人間関係であっても、みなそうです。一歩を踏み出さなければ、進展しません。(ただ、人として取るべきではない危険というものの各人なりの定義があるとは思います。)

金融の基本どおり、ノーリスクはノーリターンなのです。

たしかに危険なことはイヤですし、なんとかして回避したい。でも何をするにもリスクばかりを考えて、さらにはリスクを蛇蝎のごとく忌み嫌って、一歩も前に踏み出さない。100%クリアでないと、気が済まない。そんな社会はとても窮屈で暗いし、おそらく未来はないです。

リスクを乗り越えた先には、洋々たる海があります。