レスペクト (“respect”) の語源

さっそく語源のお話の続きを書きます。

好きな語源の一つに、”respect”(尊敬する)とうい単語があります。語源は何でしょうか?

ジーニアス英和辞典を見ると、「ふり返って(re)見る(spect)」「人としての価値を認める」が本義、と書いてあります。

テクニカルに言うと、respect という単語を分解し、re-という接頭辞に「再び」という意味、spectという語根に「見る」という意味がある(spectacles =眼鏡 とかもそうですね)、ということになりますが、ここで着目したいのは技術的なことではないです。

「尊敬する」という訳語だけとると、あまりに頻繁に使われているので、ありがた味がない感じですが、「人としての価値を認める」なんてといわれると、改めて素晴らしい言葉だと思うのです。

親を尊敬していますとか、歴史上偉大な業績を残した人物を尊敬しています、みたいな使い方が一般的ですよね。でも、respect は、自分が素晴らしいと思っている相手だけではなく、突き詰めると、自分以外の人に最低限持っておくべき感覚のように思うのです。

社会的に成功しているか否かにかかわらず、歳が自分より上か下かにかかわらず、男であるか女であるか性的マイノリティであるかにかかわらず、日本人か外国人かにかかわらず、です。

相手が何であれ、respect を持っていることが大事だと思います。

ここで一つ明確にしたいのは、「尊敬」という訳語だけみると、相手を肯定しさらに賞賛するイメージなのですが、私が思うのは、相手の「人としての価値を認める」という感覚です。

必ずしも相手を賞賛しなくても、好きにならなくてもいい。あえて言うと、肯定しなくてもよいと思います。しかし、「否定はしない」という感覚です。

世の中には、世界中には、いろいろな人がいます。そのなかで、自分が接する人のなかには、好きな人もいるでしょうが、そうでもない人もいるでしょう(多分好きじゃない人の方が多いのでは)。でも、好きではない相手に対して、その人を否定する態度をとると、それは相手に大変失礼でものあり、そのような態度が蔓延する社会はとても住みにくいものだと思います。

私は、英国に5年住みましたが、とても気分が楽で、住みやすいところです。その理由のコアにあるのは、他人が何をしようとも、ある意味「放っておいてくれる(好きにやらせてくれる)」感覚だと思っています。

イギリス人はよく礼儀正しいと言われますが、要は他人に接するときの respect の感覚が備わっているのだと思います。イギリス人に人格を否定されるような態度をとられた経験はないです。まぁ、尊敬されることもほとんどなかったですが(笑)。でも、respect は肯定とか賞賛である必要はなく、ただ相手の価値がこの世に存在することを許容する(tolerate)感覚だと思うのです。

ひるがえって日本はどうでしょうか? 私の経験ですが、自分より成功している人、自分より歳が上の人、自分が好きな人にはやさしくても、そうでない人にはとても否定的な態度をとる人が多いように思います。私にとって日本が住みにくい社会のように思えるのは、日本人には respect の感覚が一般に希薄だからではないかと思うのです。

日本がいつまでたってもインターナショナルに開けた市場になれないのは、言語の問題の前に、このあたりの感覚の問題があると思います。

相手に対する respect 無しでは、異文化コミュニケーションはできません。


語源

「読む」「聞く」のインプット作業と、「話す」「書く」のアウトプット作業を繰り返しながら、自分のなかに語彙が蓄積されていきます。語彙は英語力のコアを形成するものです。

この語彙を増やすためには、単語の「語源」を常に意識するということが、非常に有効です。

語源はその単語の起源(origin)であり、その単語のコア・イメージを表します。起源は、ラテン語であったり、ギリシャ語であったり、古英語であったりします。

例えば前回のブログで、英語学習で一番大切なものは “経験= experience” であり、その語源は「試みて得た知識」であるとご紹介しました。

こういった語源は、大概の電子辞書には入っている『ジーニアス英和辞典』の見出しのすぐ後にカッコ書きして書いてあります。私は語源を見るのが面白く、なかばクセにもなっていて、知っている単語であっても、「この単語の語源はそもそも何だっけ」と、しょっちゅう電子辞書で調べています。

そうすると “experience” のように、まさに自分の経験からしても納得が行くようなものや、へぇそうなんだと目からウロコの感じがするものまで(今後ぼちぼちとご紹介します)、語源はほんとに面白いです。最近は『英語語義語源辞典』まで買い込んで、ややマニアックですが、楽しんで読んでます。

英語は異文化コミュニケーションの重要なツールだと思うのですが、communicateの語源は何でしょうか? 答えは、「他人と共有する」です。

よく職場や学校で、「自分の考えを一方的に話すだけではコミュニケーションになっていない。自分の考えが相手に伝わって初めてコミュニケーションが成り立つ」といったことを聞いたりしませんか? これはまさに communicate の語源すなわちコア・イメージであり、すごく納得の行くものです。

自分が優位に立とうとばかり考えて一方的に自己主張を繰り返すばかりの人は、「私は人とコミュニケーションが取れています」などとは言えないです。相手が「なるほど良く分かりました」と理解して初めて、言えることです。

巷では、コミュニケーションという言葉が氾濫し、大安売り状態です。その語源を理解して本物の communication を心掛けたいです。

どうでしょうか。experience も communicate も語源まで知ると、あなたの頭にしっかり刻まれると思います。

「そんなことしている時間無いです」と、依然として単語帳を見て一夜漬けで詰め込んでいる人は、結局は記憶が上滑っているだけで、時間を無駄にしています。

もう一つ重要なことですが、単語の語源を調べると、その語の成り立ちがわかり、そうすると結果的に、その語に関連する多くの言葉を理解できるという利点があります。

例えば、include(含める)の語源はラテン語ですが、この単語は in- と clude に分解されます。 in- は「中へ」、clude は「閉じる」という意味です。「中へ閉じ込める」ので「含む」の意味になります。

同じく ラテン語源で、clude が付く単語に exclude(除く)があります。これは ex- と clude に分かれます。ex- は「外へ」、clude は「閉じる」の意味で、「外へ締め出す」ので「除く」となります。

同様に conclude(結論をつける)は、con- が「完全に」、clude が「閉じる」で、「完全に終わる」⇒「結論づける」という具合です。

つまりコアになる clude という部分の語義をおさえて、あとは芋づる式に単語を覚えられるわけです。これはほんの一例で、語源に着目した英単語の本もたくさんありますので、興味のある部分から読んでいくと良いと思います。


最も大切なこと-「経験」

これまで英語の効率的な勉強法を話題にしてきました。複数の作業を掛け合わせたり、感覚に絡めて学習することは、ただ単一作業を漫然と行うより、ずっと良いです。。でも、あえて言いますが、所詮はテクニックの話です。

では、英語を自分のものにする上で、最も大切なことは何でしょうか?

それは「経験」です。

私は中学生の頃から映画や音楽で海外に憧れを持つようになり、英語は得意教科でもありました。でも結局は、純ドメスティックな環境で育ち、外国人とも接することなどなく、学校の英語だけで社会に出たのです。

最初は国内の仕事でしたが、海外への憧れを捨てきれず、30歳を前に無謀にも(と周りから言われましたが)海外勤務を希望。30歳で香港に駐在しました。

憧れの海外生活でしたが、仕事は試練の連続。国際金融の仕事で、取引先は全てアジアの外国企業です。当然、取引先とのミーティングは全て英語、社内コミュニケーションも英語です。ここで私は必死でもがきながら、仕事のなかで英語を覚えました。

いま思い出しても赤面するような失敗もたくさんありました。でも、失敗した時の「悔しい」とか「いやだ」という感情とともに、「英語ではこう表現するのか!」といったことが、深く体に刻み込まれます。

悔しいことや楽しいこと、喜怒哀楽の情動とともに刷り込まれる知識は、忘れないです。これは何も英語に限ったことではなく、様々な職業で「仕事を覚える」ときにも言えることです。机上の理屈ではなく、自分で実際経験して、自分のものにしていくのです。

経験は英語で experience ですが、この単語の語源は「試みて得た知識」です。

この語源のとおり、自分でやってみて、失敗して、やっと成功して、そのなかで得た知識が、経験です。

香港のあと(結局5年駐在しましたが)またもや無謀にも希望して、ロンドンに転勤しました。そのときお世話になった大先輩に、”Three men in a boat” (ボートの3人男)という英国の古い小説を薦められました。当時は、まことに退屈極まりない本だなと思ったりしたですが、のちに、その小説のなかに次のような一節があったのを思い出しました。

主人公が少年の頃、ボートで沖に漕ぎ出す冒険をしたが、風雨に見舞われてしまう。奇跡的に漁師に救助されたが、4時間半のボートの借り賃やら、壊れたオールの弁償やら、助けてくれた漁師へのチップやらで、1週間分の小遣い銭が吹っ飛んでしまう。でも主人公は、最後にこう言うのですー

「・・・しかし我々は経験を学んだのである。そして諺にもいうように、どんなに高くついても経験は常に安いのだ。」

“But we learned experience, and they say that is always cheap at any price.”

そうです、自分がやりたいことをやったのであれば、それは全て経験になります。「やって損した」などということは無いのです。

英語をものにしたいのであれば、英語を使わざるを得ない環境に身を投じると前に書きました。机上の勉強だけでなく、海外で仕事するとか、勉強するということです。そういうチャンスがないという人でも、外国人と仕事をするとか。それも無理だと言うなら、英会話学校ぐらいは、行かないより行った方がいいでしょう。

とにかく、行動しましょう。