スクール(”school”)の語源

1年以上ぶりに書きます。

この1年、英会話スクールでカウンセラーとして半年ほど勤務、そして今は学校法人で働いています。英語をキーワードにして、教育に関わる仕事をするようになりました。教育にかかわるのは初めてのことです。

さて、教育の場である「学校」。英語で”school”ですね。その語源についてジーニアス英語辞典を見てみるとー

「ひま、余暇」となっています。

なんか意外です。学校って熱心に勉強する場所で、「ひま」とはかけ離れた場所のような感じですが。

そこで英語語義語源辞典を引いてみると、語源の解説が次のようにありました。

ギリシャ語で「余暇」を意味する。sholeが語源。「人はゆとりがある時に物事を考えたり、論じたり、学ぶものである」ということから、「余暇を費やす場」→「学校」と意味が派生し、ラテン語scholaを経て古英語にscolとして入った。

人は心にゆとりがあって初めて学ぶものなのですね。直感的に確かにそうだなと思います。

生活とか進学とか就職とかに汲汲として、余裕のない心のままだと、勉強も手につかない。何かを学びたいという知的好奇心があって初めて学ぶのだと思います。衣食足りて礼節を知る、に感じが似てます。

では、「ゆとり教育」がいいのか。いえ、教える分量が詰め込み式かゆとり式かという観点ではないと思います。

学ぼうとする人の心持ちの問題だと思います。

学びの場は、学ぶ意欲を持った人が集まる場所なのです。ただし学校は、学びの場であると同時に、社会の要請として、子供たちを躾ける場でもあります。また国力を維持向上する政策としての義務教育の場でもあるでしょう。

しかし本質的には、学びたい気持ちがあって人は学ぶものだと思います。

義務でやることは楽しくないし、身につきにくいです。