トリビア(”trivia”)と哲学(”philosophy”)

新型コロナウイルスの感染拡大に対する人々の不安が、更に増しています。

この状態はやはり中長期的に続くのか。このウイルスの本当の危険性はどの程度なのか。検査の信頼性はどうなのか。これはウイルスとの戦いなのか、それとも共存なのか。

在宅時間が増えたこともあり、これから将来のことをあれこれ考えることが増えたように思います。

そういう中でも、言葉の語源を追求する癖だけは、変わらないようです。何かの拍子に、「その言葉のもともとの意味って何だろう」と思ってしまい、それがいったん床に入った後であっても、わざわざ起きだして辞書を引かないと気が収まりません。

だいたいがクイズ番組で役立つぐらいのつまらない雑学的知識(トリビア)かもしれませんが。

そのトリビア(”trivia”)の語源ですが、これがなかなか興味深いです。

英語語義語源辞典によると、trivia の語源はラテン語 trivium = tri- three + via wayで、「3本の道が交差する場所」の意。これが転じて「人が集まる大衆的な場所」、さらに中世の大学では7つの liberal arts のうち「下級三学(grammar, rhetoric, logic )」の意となり、「つまらないもの」につながった。

文法・修辞学・論理学が「下級」とは、随分な扱いですよね。

おもしろいので、今度は liberal arts を引いてみると、現在は米国の大学の一般教養科目の意味ですが、中世ヨーロッパの大学における自由七科(文法・論理学・修辞学・算数・幾何・天文・音楽)とあります。

更にwebでいろいろと調べてみると、下級3学に対して、数学・幾何・天文・音楽は上級4学。教養課程である自由七科を修めた後、専門課程である神学・医学・法学に分かれて進学した。また自由七科の上位に位置する学問が、哲学。

哲学の現代的な意味は、一言でいうと、この世界や人生の根本原理を追求する学問といったところだと思います。そのルーツを辿っていくと、哲学は、人間の修めるべき教養の頂点にある学問だったようです。

西周が「哲学」と訳した philosophy の原義について、ジーニアス英和辞典には、「知(sophy)を愛すること(philo)」とありました。

私も、知を愛しながら、この世界で生きるための根本原理を追求していきたいと思います。