ヒューマン(”human”)の意味

前回採り上げたユーモア(”humor”)は「人間味あふれたおかしさ」だったので、ひょっとしてヒューマン(”human”)も同じ語源かな、と思ったのですが、human の語源を英語語義語源辞典を見てみると、次のようにありました。

ラテン語 homos (=man) から派生した humanus が中フランス語 humain(e) を経て中英語に入った。「人間の」(human) と「人間味のある」(humain) に分化したのは18世紀頃から。

語源も そのまま man(人間)ですので、ユーモアの語源である「体液」とは関係なさそうです。

ところで、この human の意味をジーニアス英和辞典で引いてみると、2番目の語義に次のような説明がありました。

(神・動物・機械などと対比して)人間らしい;同情的な、人情(味)のある《◆(神に対して)「欠点のある」、(動物・機械に対して)「思いやりのある」の意を表す;人間味のうちでも特に優しさ・親切さを強調する場合は humain》

なかなか分かりやすく、かつ非常に興味深い解説です。

機械の思いやりの無さというと、例えば目覚まし時計は、こっちがどんだけ眠くても、非情にも定刻に起こしてくれますね。会社のPCは、無味乾燥で見たくもないEメールを、漏らすことなく大量に受信してくれますし。

動物に思いやりがない、という視点はおもしろいですね。私は犬を飼っていますが、動物から飼い主への愛情を感じることはありそうですが。でも確かに、飼い主が疲れていて少し休みたい時でも、遊んで欲しいと甘えてくるような。ご主人様は今お疲れだからそっとしてやろう、なんて考えてないですよね(笑)

でも、人間らしさのコアにあるものとして注目したいのは、最初に書いてある「欠点のある」というところです。

人間は神ではないから、欠点はいくらでもありますよね。人間は完璧ではないです。

でも、完璧なものって、一見すごくいいと思うけど、そのうち飽きたり、忘れてしまったりしませんか。

女でも男でも、完璧な顔の人って、とても美しいとは思いますが、例えば、完璧な美人が主演の映画って意外につまらなくて、むしろ鼻が低かったり、唇が厚かったり、少しクセのある顔の女優が持つ可愛げの方が、ずっと心に残ったりするものです。

企業のPRに使うマスコットもなども、完璧にカワイイだけのものは、消費者の頭のなかをサーっと流れてしまって何も残らず、逆に何か引っかかるトゲのようなもの、例えばちょっといびつで、時に少し気持ち悪かったりした方が、よほど多くの人の興味を引くと言われます。

AI(人工知能)にいろんな人間の欠点を学習させれば、人間らしくなるでしょうか。ときどき変な間違いをするAIを作れるかもしれませんね。でも、どのような欠点を学習させるかは人間が選択することですから、大量に学習させて限りなく人間っぽくはなるかもしれませんが、どこまで行っても人為的(artificial)であって、自然のまま(artless)のものではありません。

自然でわざとらしくない「欠点のある」さまが、人間らしい魅力につながっているのではないでしょうか。

すべての面で無難にまとまった優等生は、つまらない。性格にどこかどうしようもない欠点がある方が、人間的魅力に溢れているのだと思います。